車コーティングが嫌われる本当の理由
ホーム > > ストレスチェック制度が義務化されました

ストレスチェック制度が義務化されました

平成27年12月より、改正労働安全衛生法が施行されました。その内容としてニュース等でも話題になったのが、企業に対するストレスチェック制度の義務化についてです。
簡単に説明しますと、これは企業が従業員のメンタルヘルスケアの一環として心理的負担感の程度を調査する(=ストレスチェック)ことで、各労働者の心的症状が現れたり重くなったりする前にその予防・改善に取り組み、さらには職場環境の向上に繋げていくことを目的としたもので、導入の背景には近年のうつ病をはじめとするメンタルヘルス不調の増加があります。
法的には労働者数が50名以上の事業所に対して従業員へのストレスチェックが義務づけられていますが、労働者数が50名未満の小規模事業所に対しても、当面は努力義務が課せられています。
具体的な制度の内容や実施マニュアルについては、厚生労働省のホームページに「ストレスチェック制度 導入マニュアル」等のpdfファイルが公開されていますので、そちらを参考にするのがいいでしょう。
詳細は→ストレスチェックサービス比較ガイド|外部委託選びのポイントに詳しく紹介中です。