車コーティングが嫌われる本当の理由
ホーム > > 多くの方にとってインプラント治療を

多くの方にとってインプラント治療を

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。キレイモ 新潟