カラフルなプラスチックカード

私が若いころとは大分違い机に向かってノートで物事を覚える人は居ないかもしれません。何処にでも誰でも情報端末を持つ時代欲しい情報は幾らでも検索ができ、取り出すことが出来ます。わざわざ試験の為にプラスチックカード 印刷までする人はいませんね。とは言うものの本当に欲しい情報が頭に入ってくるとは限りません。古い方法だとは思いますが、ゆっくりと確実にノートに書き写す方法が頭に入ります。非効率だと思っていても、結局は昔ながらの方法が一番だと思います。